books 著作紹介

もうひとつの核なき世界(文庫)

「核なき世界」をめざすと訴え、ノーベル平和賞を受賞したオバマ米大統領。
核戦略見直し(NPR)、米ロ新核軍縮条約署名など、着々と進んでいるかに見える核軍縮。
だが本当にそうなのか? 米国務省が発表した核兵器在庫数は5113個。
劣化ウラン弾で被爆するイラク、アフガン帰還兵が増え続ける中、オバマ政権は前政権を上回る軍事予算を計上、戦争を拡大している。
欲望が作り出すもうひとつの世界地図の中で、「核なき世界」を実現するために知るべき事実とは何か。
オバマが気づかせてくれた、日本の使命とは…。
本書は2011年3.11事故の以前、2010年11月29日既刊の渾身のルポルタージュ「もうひとつの核なき世界」(小学館・単行本)を文庫化したもの。転換期を迎えた世界を俯瞰し、新たな視点で前書き・後書きを加筆した必読の一冊。

小学館/2014年8月5日発売

8刷決定!

(株)貧困大国アメリカ

1% vs 99%の構図が世界に広がる中、本家本元のアメリカでは驚愕の事態が進行中。
あらゆるものが巨大企業にのまれ、株式会社化が加速する世界、果たして国民は主権を取り戻せるのか!?
大反響シリーズ待望の完結編。

岩波書店/2013年6月28日発売

ー岩波書店100周年〜私の選ぶ岩波本ランキングトップ10入り!
ー中国語、韓国語に翻訳
ーシリーズ72万部突破!

堤未果と考える 人はなぜ、過ちを繰り返すのか?

人はなぜ過ちを犯すのか。それを知れば私たちは成長できる。
これから、人々が寄り添って生きるために、知っておきたいこと。

清流出版/2012年7月6日発売

政府は必ず嘘をつく

ーアメリカの「失われた十年」が私たちに警告すること

9・11以降、貧困化が加速するアメリカの惨状に、3・11後の日本が酷似している。
「ショック・ドクトリン」により格差が進んだアメリカを検証しながら、悪い情報は隠ぺいされる中、いかに真実に近づけるのかを追った。

角川SSC新書/2012年2月10日発売

10代の本棚こんな本に出会いたい

10代という多感な時期にどんな本に出会い、どんなことに心揺さぶられながら大人への階段をのぼったのか。
あさのあつこさんをはじめ、荒木源さん、石井睦美さん、川端裕人さん、佐藤多佳子さん、はやみねかおるさん、前田司郎さんといった若い世代に人気の作家の方々と個性豊かな大人たちが綴る「私と本」の物語。

「ワクワクが止まらない!」 (堤未果) 

岩波ジュニア新書/2011年11月19日発売

17刷決定!

社会の真実の見つけ方(新刊・新書判)

貧困層は最貧困層へ、中流の人々も尋常ならざるペースで貧困層へと転落していく。
メディアが流す情報を鵜呑みにしていては、社会の真実は見えてこない。
9・11以後のアメリカで、人々の恐怖心と競争を煽ってきたメディアの実態を実際に体験し、取材してきた著者が、「情報を読み解く力」を身につける大切さを若い世代に向けて解説する。
同時にそこにこそ〝未来を選ぶ自由〟があると説く。
Purengil Co., Ltdより韓国語版出版!(韓国語版 発売中)

岩波書店/2011年2月19日発売

ー岩波書店100周年「読者の選ぶ岩波本TOP10」新書部門9位!
ーまたまた重版17刷!!

2014 Copyright Mika Tsutsumi All rights reserved.