books 著作紹介

10代の本棚こんな本に出会いたい

10代という多感な時期にどんな本に出会い、どんなことに心揺さぶられながら大人への階段をのぼったのか。
あさのあつこさんをはじめ、荒木源さん、石井睦美さん、川端裕人さん、佐藤多佳子さん、はやみねかおるさん、前田司郎さんといった若い世代に人気の作家の方々と個性豊かな大人たちが綴る「私と本」の物語。

岩波ジュニア新書/2011年11月19日発売/886円

アメリカから<自由>が消える

飛行機に乗れない、突然逮捕される、言いたいことが言えない…。
これが今、「自由の国」で頻繁に起きている。
『ルポ・貧困大国アメリカ』の著者が明かすアメリカ社会驚愕の実態。

扶桑社/2010年4月発売/756円

正社員が没落する
――「貧困スパイラル」を止めろ!(共著:湯浅誠)

「まさか自分がこんな目に遭うとは」。
貧困に墜ちたとき、誰もが言う。
中間層の衰退と貧困層の拡大はセットだった!
貧困問題を暴いた二人が、日米の「中流の貧困化」という本当の「現実」と「処方箋」を示す!!

角川書店/2009年3月10日発売/781円

アメリカは変われるか?―立ち上がる市民たち!

新自由主義的政策により生じたさまざまな弊害に抗するために、アメリカ市民はどのように連帯し、立ち上がりつつあるのか。
当事者へのインタビューを交えながら、「あきらめないで行動する」市民の姿を描く。
教育誌『月刊クレスコ』の連載から誕生した「クレスコファイル」シリーズの第2弾!

大月書店/2009年4月発売/1,080円

グラウンド・ゼロがくれた希望

2001年9月11日―アメリカと世界を変えたその日、自分の人生も大きく変わってしまった。
一人の日本女性がテロのPTSDを乗り越え、世界のために立ち上がった人々と出会うまでの、2年間の記録。

[文庫本]扶桑社/2009年6月27日発売/669円
[単行本]ポプラ社/2004年6月発売/1,620円

はじめての留学

高校卒業と同時にアメリカに留学、同時多発テロを体験しいまジャーナリストとして活躍する著者が綴った元気いっぱいのカリフォルニア留学体験記。

PHP研究所/2009年8月21日発売/1,296円

2014 Copyright Mika Tsutsumi All rights reserved.