books 著作紹介

ルポ 貧困大国アメリカ

日本エッセイストクラブ賞、2009年新書大賞受賞

貧困層は最貧困層へ、中流の人々も尋常ならざるペースで貧困層へと転落していく。
急激に進む社会の二極化の足元で何が起きているのか。
追いやられる人々の肉声を通して、その現状を報告する。弱者を食いものにし一部の富者が潤ってゆくという世界構造の中で、それでもあきらめず、この流れに抵抗しようとする人々の「新しい戦略」とは何か。
(韓国・中国・台湾語版 発売中)

岩波書店/2008年1月22日発売/798円

ルポ 貧困大国アメリカ II

経済危機後のアメリカでは、社会の底割れが加速している。
職がないにもかかわらず、学資ローンに追い立てられる若者たち。
老後の生活設計が崩れ、絶望の淵に立たされた高齢者たち。
いまや中間層の没落が進んでいるのではないか。
オバマ登場で状況は変わるのか。
人びとの肉声を通して、アメリカの今をビビッドに切り出すルポの第二弾。

岩波書店/2010年1月21日発売/778円

コミック貧困大国アメリカ

貧困層はさらなる貧困へ、中流と呼ばれる多くの人々もまた貧困層へと転落していく現状。
急激に進む社会の二極化の中で何が起きているのか!?
渾身のルポで30万部突破のベストセラー「ルポ 貧困大国アメリカ」を著者である堤未果氏完全監修のもと、ビジネスジャンプで人気連載中の松枝尚嗣がソリッドにコミック化!

PHP研究所/2010年1月21日発売/1,296円

社会の真実の見つけ方(新刊・新書判)

貧困層は最貧困層へ、中流の人々も尋常ならざるペースで貧困層へと転落していく。
メディアが流す情報を鵜呑みにしていては、社会の真実は見えてこない。
9・11以後のアメリカで、人々の恐怖心と競争を煽ってきたメディアの実態を実際に体験し、取材してきた著者が、「情報を読み解く力」を身につける大切さを若い世代に向けて解説する。
同時にそこにこそ〝未来を選ぶ自由〟があると説く。

Purengil Co., Ltdより韓国語版出版!(韓国語版 発売中)

岩波書店/2011年2月19日発売/907円

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命

日本ジャーナリスト会議 黒田清新人賞受賞

豊かなはずの超大国アメリカに、貧困生活を送る人、医療費が払えず破産する数多の人がいる。
貧しさゆえに戦場に送られ、心身に深い傷を負う若者がいる。
そんな現状を打破すべく立ち上がった「弱者」たちがいた――。
電子投票に抗議する活動家、軍事訓練に反対する高校生。
反戦運動を展開する母親たち。
進み続ける彼らに寄り添い、希望の灯を探す若きジャーナリストの心の旅路。

[文庫本]新潮社/2010年10月27日発売/514円
[単行本]海鳴社/2006年4月発売/1,728円

堤未果と考える 人はなぜ、過ちを繰り返すのか?

人はなぜ過ちを犯すのか。それを知れば私たちは成長できる。
これから、人々が寄り添って生きるために、知っておきたいこと。

清流出版/2012年7月6日発売/1,296円

2014 Copyright Mika Tsutsumi All rights reserved.